お知らせ 【技術コミュニティ運営者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催する技術コミュニティを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月

23

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバ

海外Javaエンジニア2人が日本のJavaコミュニティを縦断!

Organizing : 関西Javaエンジニアの会

Hashtag :#kanjava
Registration info

参加枠1

Free

FCFS
40/43

Description

このイベントは"Oracle Code Japan Tour"の1つです。

昨年は"NightHacking Tour in Japan"という名前で開催された、Stephen ChinさんとSebastian Daschnerさんの2人が日本全国のJavaコミュニティを"バイクで!?"訪れてセミナーを開催し回るツアーが、今年も"Oracle Code Japan Tour"と名を変え開催されます!

昨年のツアー特設ページ

もちろん関ジャバもこのツアーに賛同し、大阪でナイトセミナーを開催します。 英語セッションには通訳はおりませんが、何も心配いりません。Javaへのちょっとした知識と深い愛があれば、理解は大丈夫です!

開催:5月23日(火)19:00-21:00(開場:18:30)

会場:日本オラクル株式会社関西支社 セミナールーム

Raspberry Pi with Java 9 <30min>

Speaker: Stephen Chin Twitter

本セッションでは、あなたがあなたのJavaプログラミングスキルを使って低コストで入手できるRaspberry Piで趣味のプロジェクトを立ち上げる支援をしたいと考えています。我々は実際の プロジェクトとソースコードをサンプルとして、デモンストレーションを通じてコンセプトを 解説していきます。 以下をセッションでカバーします。

  • Unboxing your Raspberry Pi and setting up Java
  • Using Pi4J to program common I2C devices
  • Creating visual and touch UIs
  • Controlling 3D printers and CNC routers
  • Using Java 9 modules to shrink your app size
  • Connecting to the Internet of Things (IoT)

本セッションに参加いただくことで受講者自身のエンベデッド型プロジェクトを個人もしくは仕事として始めることが可能になります。そして、IoTクラウドの世界につながるJavaプログラミング・スキルの向上も期待できます。是非、一緒にJava 9のエンベデッド・テクノロジーの世界を構築しましょう!

Cloud Native Java EE <30min>

Speaker: Sebastian Daschner Blog Twitter

なぜデベロッパーはクラウドネイティブやスケーラビリティ、リアクティブうんぬんなどのバズワードに注意を払わなければならないのでしょう? なぜ2017年という年に、これらのコンセプトをまとめて我々のアプリケーションに導入することが良いアイデアであり、またどのテクノロジーが我々にとって重要なのでしょうか?

本セッションはJava EEを用いてクラウド・レディでアダプティブ、かつスケーラブルなアプリケーションを構築する方法について解説します。これらの機能拡張はJava EEがコンテナ・テクノロジーやオーケストレーションに非常に適応性を持っていること基づいています。 セッションの多くの時間をライブ・コーディングとクラウド上のアプリケーションのデモンストレーションに費やす予定です。

Java EE 8 and its latest topics <30min>

Speaker: DAVID DELABASSEE

This technical keynote will discuss the new capabilities that Java EE 8, the latest version of the platform, is bringing to the enterprise developers.

What you need to know about HotSpot and Your Code <30min>

Speaker: KIRK PEPPERDINE

We all know fast code is code that’s hard to read. Or is it? Should it be? Is there even a relationship between performance and readability? What impact does code quality have on the JIT’s ability optimize it? In this talk we’ll look “good” and “bad” code to get an understanding of the relationship between code quality and performance. We’ll look at different implementations of the same algorithms to understand how different coding styles might affect the runtime’s ability to optimize it.

昨年同様、セッションに通訳はありませんが、楽しみながらご参加いただける 内容です。お気兼ねなく、お気軽にご参加ください!

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

No comments yet.

Ended

2017/05/23(Tue)

19:00
21:00

Registration Period
2016/05/17(Tue) 19:00 〜
2017/05/23(Tue) 21:00

Location

日本オラクル株式会社 関西支社

大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル 9F

Attendees(40)

Takeda Toyofumi

Takeda Toyofumi

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

SatohJohn

SatohJohn

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

S Shoji

S Shoji

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバ に参加を申し込みました!

hirosatophoenix

hirosatophoenix

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

RSaiga

RSaiga

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

sen.u_u

sen.u_u

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

YasuhiroTsumori

YasuhiroTsumori

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバ に参加を申し込みました!

takasgy

takasgy

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

suzu

suzu

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

k_komaki

k_komaki

5/23(火) Oracle Code Japan Tour in Osaka by 関ジャバに参加を申し込みました!

Attendees (40)

Canceled (14)